読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽とカメラとその他と

多趣味なんです

M42-EOS Mアダプタをまとめてみました

カメラ M42 雑記

前書き

オールドレンズ専用ミラーレス一眼を購入するにあたって,忘れていけないのがレンズアダプタです.

前回の記事ではオールドレンズ運用機の条件について色々書きましたが,結局はEOS Mの購入を検討することにしました.

そこで今回はM42-EOS Mマウントアダプタについてまとめてみようと思います.

アダプタの種類

M42-EOS Mアダプタには,シンプルな物と何らかの機能を加えた物があるようです.

機能の例としては,近接撮影の出来るヘリコイドや,レンズの光軸をセンサーからずらすチルトやシフトなどです.

ここではネット上で買えるそれぞれの種類のアダプタを見ていきます.

シンプルなタイプ

単機能の割にそこそこの値段ですが,M42側のネジを緩めることでレンズを回転させ指標を好きな位置に持ってこれるようです.

 

上の物と比べておよそ3分の1の値段で買えます.

こちらもM42側にネジが付いていますが,回転できるか明記はされていません.私が調べた限りではこの仕様について言及したサイトは見つかりませんでした.

 

見た目はKIPONの物に似ています.こちらもM42側にネジが有りますが回転できるかはわかりません.Amazonで買えるもので一番安いと思います.

 

こちらもM42側にネジが有りますが回転するかどうかはわかりません.レビューによると,自動絞り用のピンを押さないタイプのようです.

機能付き

ヘリコイド付きのマウントアダプタで,近接撮影が出来るようになります.見た目からの判断ですが,M42側の角度は固定されていると思います.

 

 こちらもヘリコイド付きです.同じくM42側は固定されているように見えます.

 

こちらは光軸に角度をつけるチルト機能と,平行移動させるシフト機能付きです.

KIPON製品はどれもM42側を回転させられることが明記されています.

 

こちらはチルト機能のみです.

 

 そしてこちらはシフト機能のみ付いています.

まとめ

調べてみると各メーカーから多くの種類が発売されていました.

個人的にはヘリコイド付きが撮影の幅が広がり良いなと思いますが、指標が真上に来ない場合ミラーレスだと特に不格好なので、レンズの回転機能も欲しく悩みどころです.